江南の橘江北の枳と為る

HOME(記事一覧)



    [ 現代語訳 ]

晏子が今から荊の国に使者として行こうとしていた。

荊王がそれを聞いて、側近の者たちに対して言うには、「晏子は賢明な人物である。今ちょうど来ようとしている。これを辱めたいと思う。どうすればよいか。」と。

側近の者たちが答えて言うには、「もしそれがやって来たら、私にどうか人をひとり捕縛して、王の前を通り過ぎさせてください。」と。

そういうわけで、荊王は晏子と立って話をしていた。

人をひとり捕縛して、王の前を通り過ぎて行く者がいた。

王が言うには、「何者か。」と。

答えて言うには、「斉の国の者です。」と。

王が言うには、「何の罪に問われているのか。」と。

言うには、「盗みの罪に問われています。」と。

王が言うには、「斉の国の人はもともと窃盗をするのか。」と。

晏子が斉の人を振り返って見て言うには、「江南に橘があり、斉の国王が人にこれを取らせて、それを江北に植えたところ、成長して、橘にはならないで、意外にも枳になりました。

そうなった理由は何でしょうか。その土地がこれをそのようにさせたのです。今、斉の国の人が斉にいれば盗みをしませんが、荊にやって来させたら盗みをします。土地が斉の国の人に盗みをさせることはないと言えるでしょうか。」と。

荊王が言うには、「私はあなたを傷つけようとして、反対に自分自身がそうなってしまった。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved