呉越同舟

・ 「呉越同舟」とは、「仲の悪い者どうしが同じ場所に居ること、また、行動をともにすること」を意味します。「孫子」の中の軍隊の管理について述べられている箇所に「善用兵者、携手若使一人、不得已也。」と書かれています。つまり、「軍隊を一体化させるには、兵士たちをやむを得ない状況に置きなさい。」というわけです。「呉越同舟」の部分は「兵士たちが一体化せざるを得ない状況」の一例として述べられています。

HOME(漢文記事一覧)>呉越同舟・テスト問題対策





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

呉越同舟・孫子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 譬へば … 例えば

・ 撃つ … 攻撃する

・ 至る … 助けに来る

・ 中 … 二つの物のあいだ


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

呉越同舟・孫子 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 可〜 … 〜できる

   読み「〜べシ」(可能)

・ 使〜 … 〜させる

   読み「〜しム」(使役)

・ 如〜 … 〜のようだ

   読み「〜ごとシ」(比況)

・ 〜乎 … 〜か

   読み「〜か」(疑問)

・ 夫れ … そもそも

・ 済る … 川を渡る




     [ 原文 ]

善用兵者、譬如率然。

卒然者、常山之蛇也。

撃其首則尾至、撃其尾則首至、撃其中則首尾倶至。

敢問、「兵可使如率然乎。」

曰、「可。夫呉人与越人相悪也。

当其同舟済、遇風、其相救也、如左右手。」


     [ 現代語訳 ]

上手に兵を使用する者は、例えば、率然のようなものである。

率然は常山にいる蛇である。

その首を攻撃すると尾が助けに来る、その尾を攻撃すれば首が助けに来る、その胴体を攻撃すれば首と尾がともに助けに来る。

あえて尋ねるには、「兵は率然のようにすることが可能なのか。」と。

答えるには、「可能である。

さて、呉の国の人と越の国の人は、互いに憎み合っている。

同じ舟に乗って川を渡る時に、強風に遭遇すれば、互いに助け合うのは、左右の手のようなものである。」と。


     [ 書き下し文 ]

善く兵を用ゐる者は、譬へば率然のごとし。

卒然は、常山の蛇なり。

其の首を撃たば則ち尾至り、其の尾を撃たば則ち首至り、其の中を撃たば則ち首尾倶に至る。

敢へて問ふ、「兵は率然のごとくならしむべきか。」と。

曰はく、「可なり。

夫れ呉人と越人とは相悪む。

其の舟を同じくして済るに当たりて、風に遇はば、其の相救ふや、左右の手のごとし。」と。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved