逆鱗に嬰る


・ 「逆鱗」は、龍のあごの下に逆さに生えている一枚の鱗です。それに触れると龍が非常に怒るということから、「天子の怒り、また、目上の人の怒り」を意味します。また、「逆鱗に触れる」とは、「天子や目上の人を怒らせてしまうこと」を意味します。「彼は部長の逆鱗に触れて地方に飛ばされてしまった。」のような使い方をします。

HOME(漢文記事一覧)>嬰逆鱗・テスト問題対策





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

嬰逆鱗 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 虫 … 動物

・ 柔なり … 性格が柔順である

・ 狎らす … 動物を飼い慣らす

・ 逆鱗 … 逆さに生えた鱗

・ 嬰る … 触れる

・ 〜則― … 〜すれば―となる


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

嬰逆鱗 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 人主 … 君主

・ 〜亦 … 〜も同様に

・ 幾し … ほとんど〜しそうだ




     [ 原文 ]

夫竜之為虫也、柔可狎而騎也。

然其喉下有逆鱗径尺。

若人有嬰之者、則必殺人。

人主亦有逆鱗。

説者能無嬰人主之逆鱗、則幾矣。


     [ 現代語訳 ]

そもそも龍という動物は、柔順な性格であり、飼い慣らせば乗ることができる。

しかし、竜の喉の下には逆さに生えた直径1尺の鱗がある。

もし、これに触れる者がいると、必ずその人を殺す。

君主にも同様に逆鱗がある。

自分の意見を述べる者が君主の逆鱗に触れずにいることができれば、ほとんど説得したようなものだ。




     [ 書き下し文 ]

夫れ竜の虫たるや、柔にして狎らして騎るべきなり。

然れども其の喉の下に逆鱗の径尺なる有り。

若し人之に嬰るる者有らば、則ち必ず人を殺す。

人主にも亦逆鱗有り。

説く者能く人主の逆鱗に嬰るること無くんば、則ち幾し。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved