不顧後患


・ 縦書き、全漢字に読みつき、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)>不顧後患・詳しい解説





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

不顧後患 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 左右 … 側近の家臣たち

・ 敢へて … 無理に

・ 舎人 … 王に仕え雑用に従事する官人

・ 少儒子 … 少年

・ 則ち … そこで

・ 丸 … はじき弓のたま

・ 弾 … はじき弓

・ 後園 … 家の後ろにある庭園

・ 遊ぶ … ぶらぶらして時を過ごす

・ 沾す … 濡らす


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

不顧後患 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 旦 … 朝、夜明け

・ 何〜 … どうして〜か(疑問)

・ 苦しむ … つらい思いをする

・ 悲鳴す … 高い声で鳴く

・ 蟷螂 … かまきり


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

不顧後患 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 身を委ぬ … 体をかがめる

・ 曲附す … 脚を縮める

・ 黄雀 … スズメ


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

不顧後患 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 顧みる … 気にかける

・ 〜哉 … 〜だなあ(詠嘆)




     [ 原文 ]

呉王欲伐荊、告其左右日、「敢有諫者死。」

舎人有少儒子者。

欲諫不敢。

即懐丸操弾、遊於後園。

露沾其衣。

如是者三旦。

呉王日、「子来。何苦沾衣如此。」

対日、「園中有樹。

其上有蝉。

蝉高居悲鳴飲露、不知蟷螂在其後也。

蟷螂委身曲附、欲取蝉、而不知黄雀在其傍也。

黄雀延頸、欲啄蟷螂、而不知弾丸在其下也。

此三者、皆務欲得其前利、而不顧其後之有患也。」

呉王日、「善哉。」

乃罷其兵。


    [ 現代語訳 ]

呉王が荊を討とうとして、その側近の者たちに告げて言った、「あえて諌める者がいたら死罪にする。」と。

王に仕える雑用係の中に少年がいた。

諌めたいと思ったが無理に諌めなかった。

そこで弾き弓のたまを懐に入れ弾き弓を手に持って、宮殿の裏庭を歩き回った。

露がその服を濡らした。

三日間、毎朝このようだった。

呉王が言った、「おまえ来い。どうしてわざわざそのように服を濡らしているのか。」と。

答えて言った、「庭に樹があります。その上に蝉がいます。

蝉は高い所にいて高い声で鳴きながら露を吸っていますが、カマキリがその後ろにいるのに気づいていません。

カマキリは体をかがめ足を縮めて、蝉を取ろうとしていますが、黄雀がその側にいるのに気づいていません。

黄雀は首を伸ばして、カマキリをつついて食べようとしていますが、弾き弓とたまがその下にあるのに気づいていません。

この三者は、皆いちずにその目の前の利益を得ようとしていますが、その後ろに災難があることを気にかけていないのです。」と。

呉王が言った、「よくわかった。」と。

そこで討伐するのを中止した。




    [ 書き下し文 ]

呉王荊を伐たんと欲し、其の左右に告げて日はく、「敢へて諫むる者有らば死せん。」と。

舎人に少儒子なる者有り。

諫めんと欲するも敢へてせず。

則ち丸を懐きて弾を操りて、後園に遊ぶ。

露其の衣を沾す。

是くのごとき者三旦なり。

呉王日はく、「子来たれ。何ぞ苦しみて衣を沾すこと此くのごとき。」と。

対へて日はく、「園中に樹有り。其の上に蝉有り。

蝉高居し悲鳴して露を飲み、蟷螂の其の後ろに在るを知らざるなり。

蟷螂身を委ねて曲附し、蝉を取らんと欲して、而も黄雀の其の傍らに在るを知らざるなり。

黄雀頸を延べ、蟷螂を啄まんと欲して、而も弾丸の其の下に在るを知らざるなり。

此の三者は、皆務めて其の前利を得んと欲して、而も其の後ろの患へ有るを顧みざるなり。」

呉王日はく、「善き哉。」と。

乃ち其の兵を罷む。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved