知音


・ 「知音」とは、「自分のことをよく理解している人」を意味します。

・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)>知音・テスト問題対策





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

知音・呂氏春秋 現代語訳・書き下し文・読み方


     [ 語句・句法 ]

・ 鼓す … 楽器を鳴らす

・ 太山 … 泰山

・ 〜哉乎 … 〜だなあ

  読み「〜かな」(詠嘆) ・ 巍巍乎 … 山が高くそびえ立つ様子

・ 少選の間 … しばらくの間


     [ 原文 ]

 伯牙鼓琴、鍾子期聴之。

 方鼓琴、而志在太山。

 鍾子期曰、「善哉乎、鼓琴。

 巍巍乎若太山。」

 少選之間、而志在流水。


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

知音・呂氏春秋 現代語訳・書き下し文・読み方


     [ 語句・句法 ]

・ 又 … さらに

・ 湯湯乎 … 水が勢いよく流れる様子

・ 不復〜 … 二度とは〜ない

  読み「まタ〜ず」(部分否定)

・ 以為〜 … 〜と思う

・ 無〜 … 〜がない(否定)




     [ 原文 ]

 鍾子期又曰、「善哉乎、鼓琴。

 湯湯乎若流水。」

 鍾子期死。

 伯牙破琴絶絃、終身不復鼓琴。

 以為世無足復為鼓琴者。


     [ 現代語訳 ]

伯牙が琴を弾き、鍾子期がこれを聴いた。

琴を弾くとき、思いは泰山にあった。

鐘子期が言うには、「すばらしい、琴を弾くことは。高くそびえている感じがしてまるで泰山のようだ。」と。

しばらくして、思いは流れる川にあった。

鐘子期が言うには、「すばらしい、琴を弾くことは。水が勢いよく流れている感じがして、まるで流れる川のようだ。」と。

鐘子期が死んだ。

伯牙は琴を壊して弦を切り、死ぬまで二度と琴を弾かなかった。

世の中にもはや琴を弾いて聴かせるのに値する者はいないと思った。


     [ 書き下し文 ]

伯牙琴を鼓し、鍾子期之を聴く。

琴を鼓するに方たりて、志太山に在り。

鐘子期曰はく、「善きかな、琴を鼓すること。巍巍乎として太山のごとし。」と。

少選の間にして、志流水に在り。

鐘子期又曰はく、「善きかな、琴を鼓すること。湯湯乎として流水のごとし。」と。

鐘子期死す。

伯牙琴を破り絃を断ち、終身復た琴を鼓せず。

以為へらく世に復た為に琴を鼓するに足る者無しと。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved