売油翁


HOME(漢文記事一覧)>詳しい解説






          [ 現代語訳 ]

陳康粛公堯咨は弓が上手であり、世に並ぶものがないほど優れていた。
公もまたこれを自分も誇りにしていた。
ある日家の畑の練習場で弓を射ていた。
油売りの老人がいて、担いでいた荷物を下ろして立ったまま、これをじっと見つめていて長いこと立ち去らなかった。
康粛公が矢を射て十本に八九本命中させるのを見て、ただわずかにうなずくだけだった。
康粛公が尋ねて言った、「おまえも弓を射ることを知っているのか。私の弓はなんと正確ではないか。」と。
老人が言った、「何ということもありません。ただ手慣れているだけです。」と。
康粛公が怒って言った、「お前はどうして私の弓の腕前を軽く見るのか。」と。
老人が言った、「私は油を酌むからそれがわかるのです。」と。
そこで一つのひょうたんを取り、地面に置いて、銭でその口を覆い、ゆっくりと柄杓で油を酌んでこれを注いだ。
銭の穴を通って入るが、銭は濡れなかった。
そこで言った、「私もまた何ということもありません。ただ手慣れているだけです。」と。
康粛公は笑ってこれを立ち去らせた。
これは荘子の言うところの牛を解体する者や車輪を削る者とどうして異なるだろうか。


           [ 書き下し文・読み ]

売油翁 書き下し文・読み

売油翁 書き下し文・読み





       [ 原文・書き下し文・現代語訳 ]

陳康粛公尭咨善射、当世無双。
陳康粛公尭咨は射を善くし、当世無双なり。
陳康粛公堯咨は弓が上手であり、世に並ぶものがないほど優れていた。

公亦以此自矜。
公も亦此れを以て自ら矜る。
公もまたこれを自分の誇りにしていた。

嘗射於家圃。
嘗て家圃に射る。
ある日家の畑の練習場で弓を射ていた。

有売油翁、釈担而立、睨之久而不去。
売油翁有り、担を釈きて立ち、之を睨ること久しくして去らず。
油売りの老人がいて、担いでいた荷物を下ろして立ったまま、これをじっと見つめていて長いこと立ち去らない。

見其発矢十中八・九、但微頷之。
其の矢を発し十に八・九を中つるを見て、但だ微しく之に頷くのみ。
康粛公が矢を射て十本に八九本命中させるのを見て、ただわずかにうなずくだけだった。

康粛問曰、「汝亦知射乎。
康粛問ひて曰はく、「汝亦射を知るか。
康粛公が尋ねて言った、「おまえも弓を射ることを知っているのか。
・ 〜乎 … 〜か(疑問)

吾射不亦精乎。」
吾が射は亦精ならずや。」と。
私の弓はなんと正確ではないか。」と。
・ 不亦〜乎 … なんと〜ではないか(詠嘆)

翁曰、「無他。但手熟爾。」
翁曰はく、「他無し。但だ手の熟せるのみ。」と。
老人が言った、「何ということもありません。ただ手慣れているだけです。」と。
・ 但〜爾 … ただ〜だけだ(限定)

康粛忿然曰、「爾安敢軽吾射。」
康粛忿然として曰はく、「爾安くんぞ敢へて吾が射を軽んずるや。」と。
康粛公が怒って言った、「お前はどうして私の弓の腕前を軽く見るのか。」と。
・ 安〜 … どうして〜か(疑問)

翁曰、「以我酌油知之。」
翁曰はく、「我が油を酌むを以て之を知る。」と。
老人が言った、「私は油を酌むからそれがわかるのです。」と。

乃取一葫盧、置於地、
乃ち一葫盧を取りて、地に置き、
そこで一つのひょうたんを取り、地面に置いて、

以銭覆其口、徐以杓酌油瀝之。
銭を以て其の口を覆ひ、徐ろに杓を以て油を酌み之を瀝らす。
銭でその口を覆い、ゆっくりと柄杓で油を酌みしたたらせる。

自銭孔入、而銭不湿。
銭孔より入り、而も銭は湿はず。
銭の穴から入り、しかも銭は濡れない。

因曰、「我亦無他。惟手熟爾。」
因りて曰はく、「我も亦他無し。惟だ手の熟せるのみ。」と。
そこで言った、「私もまた何ということもありません。ただ手慣れているだけです。」と。
・ 惟〜爾 … ただ〜だけだ(限定)

康粛笑而遣之。
康粛笑ひて之を遣る。
康粛公は笑ってこれを立ち去らせた。

此与荘生所謂解牛斲輪者何異。
此れ荘生の所謂牛を解き輪を斲る者と何ぞ異ならんや。
これは荘子の言うところの牛を解体する者や車輪を削る者とどうして異なるだろうか。
・ 何〜 … どうして〜か(反語)









Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved