朝三暮四


・ 「朝三暮四」とは、「目先の違いにとらわれて実質的に同じことであることに気づかない、また、ことば巧みに愚かな者をだます」という意味です。

・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

朝三暮四・列子 現代語訳・書き下し文・読み

    [ 語句・句法 ]

・ 狙 … 猿

・ 狙公 … 猿飼い、猿まわし

・ 能〜 … 〜できる

・ 亦 … 同様に

・ 得 … 理解する

・ 損す … 減らす

・ 家口 … 家族の食べ物

・ 俄かに … 急に

・ 匱し … 衣食が不足する

・ 将〜 … いまにも〜しようとする

  読み「まさニ〜す」(再読文字)


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

朝三暮四・列子 現代語訳・書き下し文・読み


    [ 語句・句法 ]

・ 衆 … 多くの

・ 誑く … 言葉巧みにうそをついてだます

・ 若 … おまえ

・ 芧 … トチの実、どんぐり


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

朝三暮四・列子 現代語訳・書き下し文・読み


    [ 語句・句法 ]

・ 伏 … 平伏する


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

朝三暮四・列子 現代語訳・書き下し文・読み


    [ 語句・句法 ]

・ 能 … 物事をなしうる力

・ 鄙 … 洗練されていないこと

・ 以て … 〜によって

・ 相 … 相手を

・ 籠す … とりこむ

・ 亦 … 同様に

・ 猶 … ちょうど〜と同じだ

  読み「なホ〜ノごとシ」(再読文字)

・ 名 … 言葉

・ 実 … 内容

・ 虧く … 欠ける

・ 使A〜 … Aに〜させる

  読み「Aヲシテ〜しム」(使役)




    [ 原文 ]

宋有狙公者。

愛狙、養之成群。

能解狙之意、狙亦得公之心。

損其家口、充狙之欲。

俄而匱焉。

将限其食。

恐衆狙之不馴於己也、先誑之曰、「与若芧、朝三而暮四、足乎。」

衆狙皆起而怒。

俄而曰、「与若芧、朝四而暮三、足乎。」

衆狙皆伏而喜。

物之以能鄙相籠、皆猶此也。

聖人以智籠群愚。

亦猶狙公之以智籠衆狙也。

名実不虧、使其喜怒哉。


    [ 現代語訳 ]

宗の国に猿まわしがいた。

猿をかわいがり、これに餌をやり世話をして群をなしていた。

猿の気持ちを理解することができ、猿もまた猿まわしの気持ちがわかった。

自分の家族の食料を減らして、猿の食欲を満たしてやった。

急に食料が足りなくなった。

猿の食料を制限しようとした。

猿たちが自分に慣れ従わなくなるのを心配したのか、初めにこれをだまして言った、「お前たちにトチの実をやるのを、朝三つ夕方四つにしようと思うが、足りるか。」と。

猿たちは皆立ち上がって怒った。

急に言った、「お前たちにトチの実をやるのを、朝四つ夕方三つにしようと思うが、足りるか。」と。

猿たちは皆ひれ伏して喜んだ。

物事における賢い者が愚かな者を丸め込んでいるのは、みな、ちょうどこの話のようなものだ。

聖人は知恵で多くの愚かな者を丸め込む。

ちょうど狙公が知恵で猿たちを丸め込んでいるのと同じだ。

言葉と内容が変わらないのに、それを喜ばせたり怒らせたりしていることよ。




    [ 書き下し文 ]

宋に狙公なる者有り。

狙を愛し、之を養ひて群を成す。

能く狙の意を解し、狙も亦公の心を得たり。

其の家口を損して、狙の欲を充たせり。

俄かにして匱し。

将に其の食を限らんとす。

衆狙の己に馴れざるを恐るるや、先づ之を誑きて曰はく、「若に芧を与ふるに、朝に三にして暮に四にせん、足るか。」と。

衆狙皆起ちて怒る。

俄かにして曰はく、「若に芧を与ふるに、朝に四にして暮に三にせん、足るか。」と。

衆狙皆伏して喜ぶ。

物の能鄙を以て相籠すること、皆猶ほ此のごとし。

聖人智を以て群愚を籠す。

亦猶ほ狙公の智を以て衆狙を籠するがごとし。

名実虧けずして、其れをして喜怒せしむるかな。





Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved