元二の安西に使ひするを送る


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)




 [ 現代語訳・書き下し文 ]

送元二使安西 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 使ひする … 派遣される

・ 朝雨 … 朝方の雨

・ 軽塵 … 軽い土ぼこり

・ 浥す … 湿らせる

・ 客舎 … 旅館

・ 尽くす … 飲み干す

・ 故人 … 昔からの友人


 [ 現代語訳・書き下し文 ]

・ 画像クリックで次のページに進みます。

送元二使安西 現代語訳・書き下し文


     [ 原文 ]

渭 城 朝 雨 浥 軽 塵

客 舎 青 青 柳 色 新

勧 君 更 尽 一 杯 酒

西 出 陽 関 無 故 人


     [ 書き下し文 ]

渭城の朝雨軽塵を浥す

客舎青青柳色新たなり

君に勧む更に尽くせ一杯の酒

西のかた陽関を出づれば故人無からん


     [ 現代語訳 ]

渭城に朝方降った雨が軽い土ぼこりを湿らせる。

旅館のそばの柳は青々としていっそう色鮮やかである。

君に勧めよう、もう一杯酒を飲み干しなさい。

西方の陽関を出れば昔からの友人はいないだろう。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved