五十歩百歩


HOME(漢文記事一覧)

・ 現代語訳、書き下し文、読み方

・ 「五十歩百歩」とは、「たいした違いがない、また、少しの違いはあるが本質的に変わらない」という意味です。




 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

五十歩百歩・孟子 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 対ふ … 目上の人の問いに答える

・ 請ふ … どうか〜させてください(願望)

・ 塡然 … ドンドンという太鼓の音

・ 鼓す … 楽器などを打ち鳴らす

・ 兵刃 … 戦いに用いる刃物

・ 兵 … 武器

・ 接す … 交える


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

五十歩百歩・孟子 現代語訳・書き下し文・読み


     [ 語句・句法 ]

・ 走る … 逃げる

・ 何如 … どのようであるか

・ 可なり … よろしい

・ 直〜耳 … 限定、読み「たダ〜のみ」

  意味「ただ〜だけだ」




    [ 原文 ]

孟子対曰、「王好戦。請以戦喩。

塡然鼓之、兵刃既接。棄甲曳兵而走。

或百歩而後止、或五十歩而後止。

以五十歩笑百歩、則何如。」

曰、「不可。直不百歩耳。

是亦走也。」


    [ 現代語訳 ]

孟子が答えて言った、「王は戦争を好まれます。

どうか戦争でたとえさせてください。

ドンドンと太鼓を打ち鳴らし、すでに刀剣を交えています。

よろいを脱ぎ捨て武器を引きずって逃げ出します。

ある者は百歩逃げて踏みとどまり、ある者は五十歩逃げて踏みとどまります。

五十歩だからといって百歩を笑ったら、いかがでしょうか。」と。

言った、「よくない。ただ百歩でないだけだ。

これも同じように逃げたのだ。」と。


    [ 書き下し文 ]

孟子対へて曰はく、「王戦ひを好む。

請ふ戦ひを以つて喩へん。

塡然として、之を鼓し、兵刃既に接す。

甲を棄て兵を曳きて走る。

或いは百歩にして後止まり、或いは五十歩にして後止まる。

五十歩を以つて百歩を笑はば、則ち何如。」と。

曰はく、「不可なり。直だ百歩ならざるのみ。

是れも亦走るなり。」と。







Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved