死諸葛走生仲達


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)>十八史略





・ 下の画像クリックで次の画像に進む

   
死諸葛走生仲達・十八史略 現代語訳・書き下し文

     [ 語句・句法 ]

・ 悉くす … 総動員する

・ 軍す … 陣どる

・ 拒守す … 防ぎ守る


     [ 原文 ]

 蜀漢丞相亮、悉衆十万、

 又由斜谷口伐魏、進軍渭南。

 魏大将軍司馬懿、引兵拒守。

   
死諸葛走生仲達・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 巾幗 … 婦人の髪飾り

・ 戎事 … 軍事

・ 煩 … 忙しいこと

・ 簡 … 暇なこと


      [ 原文 ]

 亮数挑司馬懿戦。懿不出。

 乃遺以巾幗婦人之服。

 亮使者至懿軍。

 懿問其寢食及事煩簡、而不及戎事。

   
死諸葛走生仲達・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 夙興 … 朝はやく起きること

・ 夜寐 … 夜おそく寝ること

・ 罰二十 … 杖で二十回打つ程度の軽い刑

・ 噉食 … 食事をとること

・ 煩はし … 忙しい

・ 其〜乎 … どうして〜か

  読み「そレ〜か」(反語)


       [ 原文 ]

 使者曰、「諸葛公夙興夜寐、

 罰二十以上皆親覧。

 所噉食不至數升。」

 懿告人曰、「食少事煩、其能久乎。」

   
死諸葛走生仲達・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 芒 … 光の尾

・ 卒す … 死ぬ

・ 長史 … 丞相などの下の次官

・ 百姓 … 庶民

・ 令A〜 … Aに〜させる

  読み「Aヲシテ〜しム」(使役)

・ 旗を反す … 旗の向きを変える

・ 鼓を鳴らす … 進軍の太鼓を鳴らす


       [ 原文 ]

 亮病篤。有大星。赤而芒。

 墜亮営中。未幾亮卒。

 長史楊儀整軍還。

 百姓奔告懿。懿迫之。

 姜維令儀反旗鳴鼓、

   
死諸葛走生仲達・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 不敢〜 … しいて〜しようとしない

  読み「あヘテ〜ず」

・ 諺 … うわさ

・ 走る … 逃げる

・ 料る … 推し量る


       [ 原文 ]

 若将向懿。懿不敢逼。

 百姓為之諺曰、「死諸葛走生仲達。」

 懿笑曰、「吾能料生、不能料死。」

   
死諸葛走生仲達・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 推演す … 押し広める

・ 八陣の図 … 陣立ての図

・ 営塁 … 軍営

・ 案行す … 見回って調べる

・ 奇材 … 優れた才能の持ち主


       [ 原文 ]

 亮嘗推演兵法、作八陣図。

 至是懿案行其営塁、

 歎曰、「天下奇材也。」




     [ 現代語訳 ]

蜀の丞相諸葛亮は、軍勢十万を総動員して、斜谷口から進出して魏を討ち、進んで渭水の南に陣をしいた。

魏の大将軍司馬懿は、兵を引いて堅く守った。

諸葛亮はしばしば司馬懿に戦いを挑んだが、懿は出てこなかった。

そこで女性の髪飾りと婦人服を贈った。

亮の使者が懿の軍に到着した。

懿は亮の睡眠や食事および仕事が忙しいか暇かについて尋ねたが、軍事には触れなかった。

使者が言うには、「諸葛公は朝早く起き夜遅く寝て、杖で二十回打つ刑以上は、みな自分で調べる。食事の量は、数升に至らない。」と。

懿が人に告げて言うには、「食事は少なく仕事は忙しい。どうして長生きできるだろうか。」と。

亮は重病だった。

大きな星があり、赤くて光の尾を引いていた。

亮の陣営の中に落ちた。

まもなく亮は亡くなった。

長史の楊儀は軍を整えて引き揚げた。

庶民がかけつけて懿に報告した。

懿はこれを追った。

姜維は、楊儀に旗の向きを変え進軍の合図の太鼓を鳴らして、今にも懿に向かおうとするかのようにさせた。

懿はしいて近づこうとしなかった。

庶民がうわさをして言うには、「死んだ諸葛が生きている仲達を逃走させた。」と。

懿が笑って言うには、「私は生者のことは推量できるが、死者のことは推量できない。」と。

諸葛亮は以前、兵法を押し広めて、八陣の図を作った。

その後、司馬懿がその軍営を見回って調べ、感嘆して言うには、「天下にまれな優れた才能の持ち主だ。」と。




     [ 書き下し文 ]

蜀漢の丞相亮、衆十万を悉くして、斜谷口より魏を伐ち、進みて渭南に軍す。

魏の大将軍司馬懿、兵を引きて拒守す。

亮数司馬懿に戦ひを挑むも、懿出でず。

乃ち遺るに巾幗・婦人の服を以つてす。

亮の使者懿の軍に至る。

懿其の寝食及び事の煩簡を問ふも、戎事に及ばず。

使者曰はく、「諸葛公は夙に興き夜に寐ね、罰二十以上は、皆親ら覧る。噉食する所は、数升に至らず。」と。

懿人に告げて曰はく、「食少なく事煩はし。其れ能く久しからんや。」と。

亮病篤し。大星有り、赤くして芒あり。

亮の営中に墜つ。

未だ幾ならずして亮卒す。

長史楊儀軍を整へて還る。

百姓奔りて懿に告ぐ。

懿之を追ふ。

姜維儀をして旗を反し鼓を鳴らして、将に懿に向かはんとするがごとくせしむ。

懿敢へて逼らず。

百姓之が諺を為して曰はく、「死せる諸葛生ける仲達を走らす。」と。

懿笑ひて曰はく、「吾能く生を料るも、死を料る能はず。」と。

亮嘗て兵法を推演して、八陣の図を作る。

是に至りて懿其の営塁を案行し、嘆じて曰はく、「天下の奇材なり。」 と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved