水魚の交わり


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)>十八史略





・ 下の画像クリックで次の画像に進む

   
水魚之交・十八史略 現代語訳・書き下し文

     [ 語句・句法 ]

・ 寓居 … 仮住まい

・ 時務 … その時代になすべき急務

・ 俊傑 … 非常に優れた人物

・ 伏龍 … 淵に潜んでいる龍

・ 自ら … たまたま

・ 鳳雛 … 鳳凰のひな


     [ 原文 ]

 瑯琊諸葛亮、寓居襄陽隆中、

 毎自比管仲・楽毅。

 備訪士於司馬徽。

 徽曰、「識時務者、在俊傑。

 此間自有伏龍・鳳雛。

 諸葛孔明・龐士元也。」

   
水魚之交・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 臥龍 = 伏龍

・ 三たび … 何回も

・ 見る … 会う


      [ 原文 ]

 徐庶亦謂備曰、

 「諸葛孔明、臥龍也。」

 備三往乃得見亮、問策。

   
水魚之交・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 挟む … 差し込んで挟む

・ 鋒を争ふ … 戦争する

・ 拠有す … 本拠地として領有する

・ 付く … 親しんで従う

・ 図る … 攻略する


       [ 原文 ]

 亮曰、「操擁百万之衆、挟天子、

 令諸侯。此誠不可与争鋒。

 孫権拠有江東、国険而民附。

 可与為援、而不可図。

   
水魚之交・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 険塞 … 険しい山に囲まれた要害の地

・ 沃野 … 肥沃な土地

・ 天府 … 物産の豊富な肥沃な土地

・ 跨有す … 合わせて所有する

・ 巌阻 … 要害の地


       [ 原文 ]

 荊州用武之国。益州険塞、

 沃野千里、天府之土。

 若跨有荊・益、保其巌阻、

 天下有変、荊州之軍向宛・洛、

 益州之衆出秦川、

   
水魚之交・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 孰不〜乎 … 誰が〜しないだろうか、〜する

  読み「たれカ〜ざランや」(反語)

・ 簞食 … 竹の器に盛った飯

・ 壺漿 … 壷に入った飲み物

・ 猶〜 … ちょうど〜と同じだ

  読み「なホ〜ごとシ」(再読文字)


       [ 原文 ]

 孰不簞食壺漿、以迎将軍乎。」

 備曰、「善。」

 与亮情好日密。

 曰、「孤之有孔明、猶魚之有水也。」




     [ 現代語訳 ]

瑯琊の諸葛亮は、襄陽の隆中に仮住まいして、いつも自分を管仲や楽毅になぞらえていた。

劉備が司馬徽を訪れて優れた人物について尋ねた。

司馬徽が言うには、「その時代の急務を認識する者は、俊傑の中に存在します。この辺りに運よく伏竜と鳳雛がいます。諸葛孔明と龐士元です。」と。

徐庶もまた劉備に対して言うには、「諸葛孔明は、淵に潜んでいる龍です。」と。

劉備は何度も訪問してやっと諸葛亮に会うことができ、政策を尋ねた。

諸葛亮が言うには、「曹操は百万の軍勢をかかえ、天子の威光を借りて、諸侯に命令を発しています。

それで、本当に、相手と戦争するべきではありません。

孫権は江東を拠有して、国土は険しくて人民は親しみ従っています。

ともに助け合うべきであり、攻略するべきではありません。

荊州は武力を用いるのに適した国です。

益州は要害の地であり、肥沃な土地が千里四方もある、土地が肥え、産物に富む土地です。

もし荊州と益州を合わせて所有し、その要害の地を確保して、天下に事変が生じたとき、荊州の軍が宛・洛の地に向かい、益州の軍勢は秦川の地に出撃すれば、誰が、竹の器に飯を盛り、壺に飲み物を用意して、将軍をお迎えしないでしょうか。」と。

劉備が言うには、「善い政策だ。 」と。

諸葛亮との仲のよさは日毎に度を増した。

言うには、「私に孔明がいるのは、ちょうど魚に水があるのと同じだ。」と。




     [ 書き下し文 ]

瑯琊の諸葛亮、襄陽の隆中に寓居し、毎に自ら管仲・楽毅に比す。

備士を司馬徽に訪ふ。

徽曰はく、「時務を識る者は、俊傑に在り。此の間自ら伏龍・鳳雛有り。諸葛孔明・龐士元なり。」と。

徐庶も亦備に謂ひて曰はく、「諸葛孔明は、臥龍なり。」と。

備三たび往きて乃ち亮を見るを得て、策を問ふ。

亮曰はく、「操百万の衆を擁し、天子を挟みて、諸侯に令す。

此れ誠に与に鋒を争ふべからず。

孫権江東を拠有し、国険にして民付く。

与に援を為すべくして、図るべからず。

荊州は武を用ゐるの国なり。益州は険塞にして、沃野千里、天府の土なり。

若し荊・益を跨有し、其の巌阻を保ち、天下変有らば、荊州の軍宛・洛に向かひ、益州の衆秦川に出でなば、孰か簞食壺漿して、以て将軍を迎へざらんや。」と。

備曰はく、「善し。」と。

亮と情好日に密なり。

曰はく、「孤の孔明有るは、猶ほ魚の水有るがごときなり。」と。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved