褒姒大いに笑ふ


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)>十八史略





 [ 現代語訳・書き下し文1 ]

褒姒大笑・十八史略 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 嬖す … 寵愛する

・ 万法す … さまざまな手だてを試みる


 [ 現代語訳・書き下し文2 ]

褒姒大笑・十八史略 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 故 … 以前

・ 寇 … 侵略する軍

・ 烽火 … のろし

・ 来援す … 来て助ける

・ 悉く … 残らず


 [ 現代語訳・書き下し文3 ]

褒姒大笑・十八史略 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 后 … 皇后

・ 太子 … 皇太子

・ 奔る … 逃亡する

・ 求む … 探す

・ 得〜 … 〜できる


 [ 現代語訳・書き下し文4 ]

褒姒大笑・十八史略 現代語訳・書き下し文


     [ 語句・句法 ]

・ 侯 … 領土の支配者

・ 徴す … 呼び寄せる

・ 下 … ふもと




    [ 原文 ]

 至幽王之時、褒人有罪。

 入是女於王。是為褒姒。

 王嬖之。褒姒不好笑。

 王欲其笑、万方不笑。

 故王与諸侯約、有寇至、

 則挙烽火、召其兵来援。

 乃無故挙火。諸侯悉至。

 而無寇。褒姒大笑。

 王廃申后及太子宜臼、

 以褒姒為后、其子伯服為太子。

 宜臼奔申。王求殺之。弗得。

 伐申。申侯召犬戎攻王。

 王挙烽火徴兵。不至。

 犬戎殺王驪山下。


    [ 現代語訳 ]

幽王の時になって、褒の人が罪を犯した。

その娘を王に献上した。

これを褒姒と名づけた。

王はこれを寵愛した。

褒姒は笑うことを好まない。

王はその笑うことを希望し、さまざまな手だてを試みたが笑わない。

かつて王は諸侯と、侵略軍のやって来ることがあれば、すぐに烽火をあげ、その兵を呼び寄せて援助させることを約束していた。

そこで何の理由もないのに烽火をあげた。

諸侯は残らずやって来た。

しかしながら侵略軍はいない。

褒姒は大いに笑った。

王は申皇后および皇太子の宜臼を廃して、褒姒を皇后にし、その子の伯服を皇太子にした。

宜臼は申国に逃亡した。

王は探し出してこれを殺そうとしたが、できなかった。

申の国を攻撃した。

申の君主は犬戎を呼び寄せて王を攻撃した。

王は烽火を挙げて兵を呼び寄せたが、来なかった。

犬戎は王を驪山のふもとで殺した。




    [ 書き下し文 ]

幽王の時に至り、褒人罪有り。

是の女を王に入る。

是れを褒姒と為す。

王之を嬖す。

褒姒笑ふことを好まず。

王其の笑はんことを欲し、万法すれども笑はず。

故王諸侯と約し、寇の至る有らば、則ち烽火を挙げ、其の兵を召して来援せしむ。

乃ち故無くして火を挙ぐ。

諸侯悉く至る。

而れども寇無し。

褒姒大いに笑ふ。

王申后及び太子宜臼を廃し、褒姒を以つて后と為し、其の子伯服を太子と為す。

宜臼申に奔る。王求めて之を殺さんとするも、得ず。

申を伐つ。

申侯犬戎を召して王を攻む。

王烽火を挙げて徴兵を徴すも、至らず。

犬戎王を驪山の下に殺す。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved