完璧而帰


・ 縦書き、全漢字に読み、ひらがな

HOME(漢文記事一覧)





・ 下の画像クリックで次の画像に進む

   
完璧而帰・十八史略 現代語訳・書き下し文

     [ 語句・句法 ]

・ 嘗て … 以前

・ 璧 … 平らで環状の中央に孔のある宝玉

・ 以A易B … AとBを交換する

  読み「AヲもつテBニかフ」

・ 城 … 城壁で囲まれた町

・ 請ふ … 望み求める

・ 欲す … 〜しようとする

・ 見〜 … 〜される

  読み「〜る」(受身)


     [ 原文 ]

 趙恵文王嘗得楚和氏璧。

 秦昭王請以十五城易之。

 欲不与、畏秦強、欲与、恐見欺。

   
完璧而帰・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 奉ず … ささげ持つ

・ 往く … 出かけて行く

・ 臣 … 臣下の君主に対する謙称

・ 請〜 … どうか〜させてください

・ 完うす … 完全な状態に保つ

・ 償ふ … 代償として与える


      [ 原文 ]

 藺相如曰、「願奉璧往。

 城不入、則臣請完璧而帰。」

 既至。秦王無意償城。

 相如乃紿取璧。

   
完璧而帰・十八史略 現代語訳・書き下し文

        前の画像に戻る


     [ 語句・句法 ]

・ 怒髪冠を指す … 髪が逆立って冠を突き上げる

・ 却立す … 後ろに下がって立つ

・ 懐く … 腕にかかえ持つ

・ ?行す … こっそりと隠れて行く

・ 遣A〜 … Aに〜させる

  読み「Aをして〜しむ」(使役)


       [ 原文 ]

 怒髪指冠。

 却立柱下曰、「臣頭与璧倶砕。」

 遣従者懐璧、間行先帰、身待命於秦。

 秦昭王賢而帰之。




     [ 現代語訳 ]

趙国の恵文王は、以前、楚国の和氏の璧を手に入れた。

秦国の昭王が十五の町とこれを交換することを求めてきた。

与えまいとすれば、秦国の強いことが恐ろしく、与えようとすれば騙されることを心配した。

藺相如が言うには、「和氏の璧をささげ持って出かけさせてください。城が手に入らなければ、わたくしにどうか和氏の璧を完全な状態で持ち帰らせてください。」と。

すでに到着した。

秦王には町を代償として提供する意志はなかった。

相如はそこでだまして和氏の璧を取り返した。

髪が逆立って冠を突き上げた。 柱のもとまで後退して立って言うには、「私の頭は和氏の璧とともに砕けるだろう。」と。

供の者に和氏の璧をかかえ持たせて、ひそかに先に帰らせ、自身は秦国において指示を待った。

秦国の昭王は賢者であるとして相如を帰らせた。




     [ 書き下し文 ]

趙の恵文王嘗て楚の和氏の璧を得たり。

秦の昭王十五城を以て之に易へんことを請ふ。

与へざらんと欲すれば、秦の強きを畏れ、与へんと欲すれば、欺かるるを恐る。

藺相如曰はく、「願はくは璧を奉じて往かん。城入らずんば、則ち臣請ふ壁を完うして帰らん。」と。

既に至る。

秦王城を償ふに意無し。

相如紿きて璧を取る。

怒髪冠を指す。

柱下に却立して曰はく、「臣が頭は璧と倶に砕けん。」と。

従者をして壁を懐きて間行して先づ帰らしめ、身は命を秦に待つ。

秦の昭王賢として之を帰らしむ。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved