小野篁、広才のこと


・ 宇治拾遺物語「小野篁、広才のこと」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)




・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

小野篁広才のこと・宇治拾遺物語 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

今は昔、小野篁といふ人おはしけり。
今となっては昔のことだが、小野篁という人がいらっしゃった。
・ いふ … ハ行四段活用の動詞「いふ」の連体形
・ おはし … サ行変格活用の動詞「おはす」の連用形
○ おはす(尊敬語) … いらっしゃる
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

嵯峨の帝の御時に、内裏に札を立てたりけるに、「無悪善」と書きたりけり。
嵯峨天皇のご在位の時に、宮中に札を立てたが、「無悪善」と書いてあった。
・ 立て … タ行下二段活用の動詞「立つ」の連体形
・ たり … 完了の助動詞「たり」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形
・ 書き … カ行四段活用の動詞「書く」の連用形
・ たり … 存続の助動詞「たり」の連用形
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

帝、篁に、「読め。」と仰せられたりければ、「読みは読み候ひなむ。
帝が、篁に、「読め。」とおっしゃられたので、「読むことは読みましょう。
・ 読め … マ行四段活用の動詞「読む」の命令形
・ 仰せ … サ行下二段活用の動詞「仰す」の未然形
☆ 仰す(尊敬語) … おっしゃる
・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形
・ たり … 完了の助動詞「たり」の連用形
・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形
・ 読み … マ行四段活用の動詞「読む」の連用形
・ 読み … マ行四段活用の動詞「読む」の連用形
・ 候ひ … ハ行四段活用の丁寧の補助動詞「候ふ」の連用形
○ 候ふ … 〜ます
・ な … 強意の助動詞「ぬ」の未然形
・ む … 意志の助動詞「む」の終止形






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved