小式部内侍が大江山の歌の事


・ 古今著聞集「小式部内侍が大江山の歌の事」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)




・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

小式部内侍が大江山の歌の事 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

和泉式部、保昌が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、
和泉式部が、保昌の妻として丹後の国に下った頃に、京で歌合があった時に、
・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、
小式部内待が、歌合の詠み手として選ばれて詠んだところ、
・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形
・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形
・ よみ … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、
定頼の中納言が、ふざけて小式部内侍に、

「丹後へつかはしける人は参りにたりや。」と
「丹後へ使いに出した人は戻って参りましたか。」と
・ つかはし … サ行四段活用の動詞「つかはす」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形
・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形
・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形
・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved