小式部内侍が大江山の歌の事


・ 縦書き、原文に助動詞の意味を付記

HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる




・ 下の画像クリックで次の画像に進む

   
小式部内侍が大江山の歌の事・古今著聞集 現代語訳・原文

     [ 語句 ]

・ 歌よみ … 歌合の詠み手

・ とる … 選ぶ

・ たはぶれ … ふざけること

   
小式部内侍が大江山の歌の事・古今著聞集 現代語訳・原文

        前の画像に戻る


     [ 語句 ]

・ つかはす … 派遣する

・ 参る … 「来」の謙譲語

・ や(係助詞・疑問)

・ 言ひ入る … 外から中にいる人に言う

・ なかば … 半分

・ ひかふ … 引き止める

   
小式部内侍が大江山の歌の事・古今著聞集 現代語訳・原文

        前の画像に戻る


     [ 語句 ]

  [ 大江山の歌の掛詞 ]

  いくの ⇒ 「行く」と「生野」

  ふみもみず ⇒ 「踏みもみず」と「文も見ず」

・ 踏む … ある場所を訪れる

・ 思はずなり … 意外である

・ あさまし … 驚きあきれるさま

・ 返し … 返歌

・ 及ばず … できない

   
小式部内侍が大江山の歌の事・古今著聞集 現代語訳・原文

        前の画像に戻る


     [ 語句 ]

・ 世おぼえ … 世の評判

・ 出で来 … 現れる






    [ 現代語訳 ]

和泉式部が、保昌の妻として丹後の国に下ったころに、京で歌合があったときに、

小式部内待が、歌合の詠み手として選ばれて詠んだところ、

定頼中納言が、ふざけて小式部内侍に、「丹後へ使いに出した人は戻って参りましたか。」と声をかけて、部屋の前を通り過ぎられたところ、

小式部内侍は、御簾から半分ほど出て、直衣の袖を引き止めて、

  大江山から生野を通って行く道が遠いので、まだ天橋

  立を訪れていないし、母からの便りも見ていません。

と歌を詠んだ。

思いがけず驚きあきれて、「これはどうしたことだ。」とだけ言って、返歌することもできず、袖を引き放して逃げてしまわれた。

小式部は、この時から歌人としての世の評判が出て来るようになった。


     [ 原文 ]

和泉式部、保昌が妻にて丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、

小式部内侍、歌よみにとられてよみけるを、

定頼の中納言、たはぶれに小式部内侍に、「丹後へつかはしける人は参りにたりや。」と言ひ入れて、局の前を過ぎられけるを、

小式部内侍、御簾よりなかば出でて、直衣の袖をひかへて、

  大江山いくのの道の遠ければ

  まだふみもみず天橋立

とよみかけけり。

思はずにあさましくて、「こはいかに。」とばかり言ひて、返しにも及ばず、袖をひきはなちて逃げられにけり。

小式部、これより歌よみの世おぼえ出で来にけり。


    [ 品詞分解 ]

・ 和泉式部 … 名詞

・ 保昌 … 名詞

・ が … 格助詞

・ 妻 … 名詞

・ にて … 格助詞

・ 丹後 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 下り … ラ行四段活用の動詞「下る」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ ほどに … 接続助詞

・ 京 … 名詞

・ に … 格助詞

・ 歌合 … 名詞

・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ に … 接続助詞

・ 小式部内侍 … 名詞

・ 歌よみ … 名詞

・ に … 格助詞

・ とら … ラ行四段活用の動詞「とる」の未然形

・ れ … 受身の助動詞「る」の連用形

・ て … 接続助詞

・ よみ … マ行四段活用の動詞「よむ」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ を … 接続助詞

・ 定頼 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 中納言 … 名詞

・ たはぶれ … 名詞

・ に … 格助詞

・ 小式部内侍 … 名詞

・ に … 格助詞


・ 丹後 … 名詞

・ へ … 格助詞

・ つかはし … サ行四段活用の動詞「つかはす」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ 人 … 名詞

・ は … 係助詞

・ 参り … ラ行四段活用の動詞「参る」の連用形

・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形

・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形

・ や … 係助詞

・ と … 格助詞

・ 言ひ入れ … ラ行下二段活用の動詞「言ひ入る」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 局 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 前 … 名詞

・ を … 格助詞

・ 過ぎ … ガ行上二段活用の動詞「過ぐ」の未然形

・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形

・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

・ を … 接続助詞

・ 小式部内侍 … 名詞

・ 御簾 … 名詞

・ より … 格助詞

・ なかば … 名詞

・ 出で … ダ行下二段活用の動詞「出づ」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 直衣 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 袖 … 名詞

・ を … 格助詞

・ ひかへ … ハ行下二段活用の動詞「ひかふ」の連用形

・ て … 接続助詞


・ 大江山 … 名詞

・ いくの … 名詞

・ の … 格助詞

・ 道 … 名詞

・ の … 格助詞

・ 遠けれ … ク活用の形容詞「遠し」の已然形

・ ば … 接続助詞

・ まだ … 副詞

・ ふみ … マ行四段活用の助動詞「ふむ」の連用形

・ も … 係助詞

・ み … マ行上一段活用の助動詞「みる」の未然形

・ ず … 打消の助動詞「ず」の終止形

・ 天橋立 … 名詞

・ と … 格助詞

・ よみかけ … カ行下二段活用の助動詞「よみかく」の連用形

・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

・ 思はずに … ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形

・ あさましく … シク活用の形容詞「あさまし」の連用形

・ て … 接続助詞

・ こ … 代名詞

・ は … 係助詞

・ いかに … 副詞

・ と … 格助詞

・ ばかり … 副助詞

・ 言ひ … ハ行四段活用の助動詞「言ふ」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 返し … 名詞

・ に … 格助詞

・ も … 係助詞

・ 及ば … バ行四段活用の助動詞「及ぶ」の連用形

・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形


・ 袖 … 名詞

・ を … 格助詞

・ ひきはなち … タ行四段活用の動詞「ひきはなつ」の連用形

・ て … 接続助詞

・ 逃げ … ガ行下二段活用の動詞「逃ぐ」の未然形

・ られ … 尊敬の助動詞「らる」の連用形

・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形

・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

・ 小式部 … 名詞

・ これ … 代名詞

・ より … 格助詞

・ 歌よみ … 名詞

・ の … 格助詞

・ 世おぼえ … 名詞

・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来(く)」の連用形

・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形

・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形










Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved