今日はそのことをなさんと思へど


・ 徒然草「今日はそのことをなさんと思へど」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句はカラーで表示しています。150個ほど有るといわれている最重要語句には印を付けています。

HOME(古文記事一覧)>徒然草



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

今日はそのことを・徒然草 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

今日はそのことをなさんと思へど、
今日はそのことをしようと思うのだが、
・ なさ … サ行四段活用の動詞「なす」の未然形
・ ん … 意志の助動詞「ん」の終止形
・ 思へ … ハ行四段活用の動詞「思ふ」の已然形

あらぬ急ぎまづ出で来てまぎれ暮らし、
出(い)で来(き)て
別の急用が先に出てきて取り紛れて暮らし、
☆ あらぬ … まったく別の
○ 急ぎ … 急用
・ 出で来 … カ行変格活用の動詞「出で来(く)」の連用形
・ まぎれ暮らし … サ行四段活用の動詞「まぎれ暮らす」の連用形

待つ人は障りありて、頼めぬ人は来たり。
障(さわ)り
待っている人は差し支えがあって、あてにさせていない人はやって来る。
・ 待つ … タ行四段活用の動詞「待つ」の連体形
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形
・ 頼め … マ行下二段活用の動詞「頼む」の未然形
☆ 頼む … 頼みに思わせる
・ ぬ … 打消の助動詞「ず」の連体形
・ 来 … カ行変格活用の動詞「来」の連用形
・ たり … 完了の助動詞「たり」の終止形

頼みたる方のことは違ひて、
方(かた)、違(たが)ひ
期待している方面のことはあてがはずれて、
・ 頼み … マ行四段活用の動詞「頼む」の連用形
☆ 頼む … あてにする
・ たる … 存続の助動詞「たり」の連体形
・ 違ひ … ハ行四段活用の動詞「違ふ」の連用形

思ひ寄らぬ道ばかりはかなひぬ。
思いがけない方面のことだけは成就する。
・ 思ひ寄ら … ラ行四段活用の動詞「思ひ寄る」の未然形
・ ぬ … 打消の助動詞「ず」の連体形
・ かなひ … ハ行四段活用の動詞「かなふ」の連用形
・ ぬ … 完了の助動詞「ぬ」の終止形


   


          [ 次のページに進む ]


煩はしかりつることは、ことなくて、
面倒だと思っていたことは、無事に済んで、

易かるべきことは、いと心苦し。
簡単なはずのことは、ひどく苦痛を感じる。

日々に過ぎゆくさま、かねて思ひつるには似ず。
毎日が過ぎていく様子は、前もって考えていたのとは違っている。

一年のうちもかくのごとし。
一年の間もこのようである。

一生の間もまたしかなり。
一生の間もまたそうである。

かねてのあらまし、みな違ひゆくかと思ふに、
前々からの予想が、みなはずれていくかと思うと、

おのづから違はぬこともあれば、
たまには、はずれないこともあるので、

いよいよものは定め難し。
いよいよ物事は決めておくことが困難である。

不定と心得ぬるのみ、まことにて違はず。
定まらないものだと理解しておくことだけが、真実であって間違いがない。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved