公世の二位のせうとに


・ 徒然草「公世の二位のせうとに」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句はカラーで表示しています。150個ほど有るといわれている最重要語句には印を付けています。

HOME(古文記事一覧)>徒然草



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

公世の二位のせうとに・徒然草 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

公世の二位のせうとに、良覚僧正と聞こえしは、
公世(きんよ)、良覚僧正(りょうがくそうじょう)
従二位の藤原公世の兄弟で、良覚僧正と申し上げた人は、
・ 聞こえ … ヤ行下二段活用の動詞「聞こゆ」の連用形
☆ 聞こゆ … 「言ふ」の謙譲語
・ し … 過去の助動詞「き」の連体形

きはめて腹あしき人なりけり。
非常に怒りっぽい人であった。
・ 腹あしき … シク活用の形容詞「腹あし」の連体形
○ 腹あし … 怒りっぽい
・ なり … 断定の助動詞「なり」の連用形
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

傍(かたわ)ら、榎(え)の木
坊の傍らに、大きなる榎の木のありければ、
僧坊のそばに、大きな榎があったので、
・ 大きなる … ナリ活用の形容動詞「大きなり」の連体形
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形
・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形

人、「榎の木の僧正」とぞ言ひける。
人は、「榎の僧正」と言った。
○ ぞ(係助詞・強調) ⇒ 結び:ける(連体形)
・ 言ひ … ハ行四段活用の動詞「言ふ」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形





          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved