雪のおもしろう降りたりし朝


・ 徒然草「雪のおもしろう降りたりし朝」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句はカラーで表示しています。150個ほど有るといわれている最重要語句には印を付けています。

HOME(古文記事一覧)>徒然草



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

雪のおもしろう降りたりし朝・徒然草 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

雪のおもしろう降りたりし朝、
朝(あした)
雪がすばらしく降り積もっていた朝、
・ おもしろう … ク活用の形容詞「おもしろし」の連用形(音便)
☆ おもしろし … (基本)心が明るく楽しい
             (文脈)すばらしい
・ 降り … ラ行四段活用の動詞「降る」の連用形
・ たり … 存続の助動詞「たり」の連用形
・ し … 過去の助動詞「き」の連体形

人のがり言ふべきことありて、
ある人のところへ言ってやるべき用事があって、
・ 言ふ … ハ行四段活用の動詞「言ふ」の終止形
・ べき … 当然の助動詞「べし」の連体形
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形

文をやるとて、雪のこと何とも言はざりし返事に、
文(ふみ)、何(なに)、返事(かえりごと)
手紙を出すときに、雪のことを何とも言わなかった、その返事に、
☆ 文 … (基本)文字を書いたもの
         (文脈)手紙
・ やる … ラ行四段活用の動詞「やる」の終止形
○ やる … 送る
・ 言は … ハ行四段活用の動詞「言ふ」の未然形
・ ざり … 打消の助動詞「ず」の連用形
・ し … 過去の助動詞「き」の連体形

「この雪いかが見ると、一筆のたまはせぬほどの、
一筆(ひとふで)
「この雪をどのように見るかと、一言もおっしゃらないほどの、
・ 見る … マ行上一段活用の動詞「見る」の連体形
・ のたまは … ハ行四段活用の動詞「のたまふ」の未然形
・ せ … 尊敬の助動詞「す」の未然形
・ ぬ … 打消の助動詞「ず」の連体形


          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved