神無月のころ


・ 縦書き、原文に助動詞の意味つき

HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる





  [ 現代語訳・原文・助動詞1 ]

神無月のころ・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 過ぐ … 通り過ぎる

・ 尋ね入る … 探し求めて分け入る

・ 侍り … 「あり」の丁寧語

・ 心細し … しんみりと寂しい

・ 住みなす … 思う通りの状態にして住む


  [ 現代語訳・原文・助動詞2 ]

神無月のころ・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ 懸け樋 … 地上に懸けて水を導く樋

・ つゆ〜(打消) … まったく〜

・ おとなふ … 音をたてる

・ 閼伽棚 … 仏前の水や花を置く棚

・ 散らす … 一面に乱雑に広げる

・ さすがに … それでもやはり


  [ 現代語訳・原文・助動詞3 ]

神無月のころ・徒然草 現代語訳・原文・助動詞


     [ 語句 ]

・ あはれなり … しみじみと感慨深い

・ 柑子 … みかんの一種

・ たわわなり … しなっている

・ こそ(係助詞・強意) ⇒ 覚えしか(已然形)

・ ことさむ … 興がさめる




    [ 現代語訳 ]

十月ごろ、栗栖野という所を通り過ぎて、ある山里に訪ねて分け入ったことがありましたが、遥かに続いている苔の生えた細道を踏み分けて、しんみりと寂しい感じにして住んでいる庵がある。

木の葉に埋もれている懸け樋から落ちる雫以外には、まったく音をたてるものがない。

閼伽棚に菊や紅葉などを折り取って乱雑に置いてあるのは、やはり住む人がいるからだろう。

このようにしても住んでいられるのだなあと、感慨深く見ていると、むこうの庭に、大きな柑子の木で、枝もしなるほどに実のなっている木が、

周りを厳重に囲ってあったのは、少し興ざめで、この木がなかったならばと思われた。


     [ 原文 ]

神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに、はるかなる苔の細道を踏み分けて、心細く住みなしたる庵あり。

木の葉に埋もるる懸け樋のしづくならでは、つゆおとなふものなし。

閼伽棚に菊・紅葉など折り散らしたる、さすがに住む人のあればなるべし。

かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが、

周りをきびしく囲ひたりしこそ、少しこと冷めて、この木なからましかばとおぼえしか。








Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved