富士の山


・ 竹取物語「富士の山」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)>竹取物語



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

富士の山・竹取物語 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

中将、人々引き具して帰り参りて、かぐや姫を、
中将(ちゅうじょう)
中将は、人々を引き連れて帰って参って、かぐや姫を、
・ 引き具し … サ行変格活用の動詞「引き具す」の連用形
・ 帰り参り … ラ行四段活用の動詞「帰り参る」の連用形
○ 帰り参る … 「帰り来」の謙譲語

え戦ひとめずなりぬること、こまごまと奏す。
戦い留めることができずに終わったことを、詳しく奏上する。
☆ え(〜打消) … 〜できない
・ 戦ひとめ … マ行下二段活用の動詞「戦ひとむ」の未然形
・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形
・ なり … ラ行四段活用の動詞「なる」の連用形
・ ぬる … 完了の助動詞「ぬ」の連体形
・ 奏す … サ行変格活用の動詞「奏す」の終止形
☆ 奏す … (天皇や上皇に)申し上げる

薬の壺に、御文添へて参らす。
御文(おおんふみ)
薬の壺にお手紙を添えて差し上げる。
・ 添へ … ハ行下二段活用の動詞「添ふ」の連用形
・ 参らす … サ行下二段活用の動詞「参らす」の終止形
○ 参らす … 差し上げる

広げて御覧じて、いとあはれがらせ給ひて、
給(たま)ひ
広げて御覧になって、とてもしみじみと感動なさって、
・ 広げ … ガ行下二段活用の動詞「広ぐ」の連用形
・ 御覧じ … サ行変格活用の動詞「御覧ず」の連用形
・ あはれがら … ラ行四段活用の動詞「あはれがる」の未然形
○ あはれがる … しみじみと感動する
・ せ … 尊敬の助動詞「す」の連用形
・ 給ひ … ハ行四段活用の尊敬の補助動詞「給ふ」の連用形

物も聞こし召さず、
お食事も召し上がらず、
・ 聞こし召さ … サ行四段活用の動詞「聞こし召す」の未然形
☆ 聞こし召す … 「食ふ」の尊敬語
・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形


   


          [ 次のページに進む ]


物も聞こし召さず、御遊びなどもなかりけり。
お食事も召し上がらず、管弦のお遊びなどもなさらなくなった。

大臣、上達部を召して、「いづれの山か天に近き。」と問はせ給ふに、
大臣や公卿をお召しになって、「どの山が天に近いか。」とお尋ねになると、

ある人奏す、「駿河国にあるなる山なむ、
その場にいた人が奏上するには、「駿河の国にあるという山が、

この都も近く、天も近く侍る。」と奏す。
この都にも近く、天にも近うございます。」と奏上する。

これを聞かせ給ひて、
これをお聞きになって、

  あふこともなみだに浮かぶわが身には
  かぐや姫に会うこともないので、涙にひたるわが身にとって、

  死なぬ薬も何にかはせむ
  不死の薬が何になろうか、何にもならない。

かの奉る不死の薬壺に文具して、御使ひに賜はす。
あの差し上げた不死の薬の壷に手紙を添えて、お使いにお与えになる。

勅使には、調石笠といふ人を召して、駿河国にあなる山の頂に、
勅使には、調石笠という人をお召しになって、駿河の国にあるという山の頂上に、

持てつくべきよし仰せ給ふ。
持ち運ばなければならないという旨をお命じになる。

峰にてすべきやう教へさせ給ふ。
頂上でなすべき方法をお教えになる。

御文、不死の薬の壺並べて、
お手紙と不死の薬と壺を並べて、

火をつけて燃やすべきよし仰せ給ふ。
火をつけて燃やさなければならないという旨をお命じになる。

そのよし承りて、士どもあまた具して山へ登りけるよりなむ、
その旨を承って、兵士たちを大勢引き連れて山へ登ったことから、

その山を富士の山とは名付けける。
その山を富士の山と名づけたのだった。

その煙、いまだ雲の中へ立ち上るとぞ、言ひ伝へたる。
その煙は、今でも雲の中へ立ち昇っている、と言い伝えている。


   






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved