かぐや姫の嘆き


・ 竹取物語「かぐや姫の嘆き」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)



・ 敬語法について
・ 敬語は、一般的に、作者の敬意を表します。
・ 尊敬語は、動作の主体に対する、謙譲語は、動作の相手に対する、
  丁寧語は、読者に対する、作者の敬意を表します。
・ 会話においては、話者の敬意を表します。
  会話において、丁寧語は、話し相手に対する話者の敬意を表します。
・ 解説では、たとえば、作者のかぐや姫に対する敬意を次のように記載します。
  敬意:作者 ⇒ かぐや姫

・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

かぐや姫の嘆き・竹取物語 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣きたまふ。
八月十五日ごろの月に縁側に出て座って、かぐや姫はとてもひどくお泣きになる。
・ 出でゐ … 行上一段活用の動詞「出でゐる」の連用形
・ いたく … ク活用の形容詞「いたし」の連用形
☆ いたし … (基本)程度がはなはだしい
           (文脈)激しい
・ 泣き … 行四段活用の動詞「泣く」の連用形
・ たまふ … 行四段活用の尊敬の補助動詞「たまふ」の終止形
○ たまふ(尊敬語) … 敬意:作者 ⇒ かぐや姫

人目も今はつつみたまはず泣きたまふ。
人の目からも今ではお隠しにならずお泣きになる。
・ つつみ … 行四段活用の動詞「つつむ」の連用形
・ たまは … 行四段活用の尊敬の補助動詞「たまふ」の未然形
○ たまふ(尊敬語) … 敬意:作者 ⇒ かぐや姫
・ ず … 打消の助動詞「ず」の連用形
・ 泣き … 行四段活用の動詞「泣く」の連用形
・ たまふ … 行四段活用の尊敬の補助動詞「たまふ」の終止形
○ たまふ(尊敬語) … 敬意:作者 ⇒ かぐや姫

これを見て、親どもも、「何事ぞ。」と問ひさわぐ。
これを見て、親たちも、「何事ですか。」と尋ね動揺する。
・ 見 … 行上一段活用の動詞「見る」の連用形
・ 問ひ … 行四段活用の動詞「問ふ」の連用形
・ さわぐ … 行四段活用の動詞「さわぐ」の終止形
○ さわぐ … あわてる

かぐや姫泣く泣く言ふ、
かぐや姫が泣きながら言う、
・ 言ふ … 行四段活用の動詞「言ふ」の連体形


   


          [ 次のページに進む ]


「先々も申さむと思ひしかども、
「以前も申し上げようと思ったのですが、

必ず心惑はしたまはむものぞと思ひて、今まで過ごしはべりつるなり。
きっと心を乱されるに違いないと思って、今までそのままにしていたのです。

さのみやはとて、うち出ではべりぬるぞ。
そんなに黙ってばかりいられようかと思って、うち明けるのです。

おのが身は、この国の人にもあらず。月の都の人なり。
わたしは、この国の人ではありません。月の都の人です。

それを、昔の契りありけるによりなむ、この世界にはまうで来たりける。
それを、前世からの宿命があったことにより、この世界にはやって参りました。

今は帰るべきになりにければ、この月の十五日に、
今は帰らなければならない時になりましたので、今月の十五日に、

かのもとの国より、迎へに人々まうで来むず。
あのもともとの国から、迎えに人々がやって参るでしょう。

さらずまかりぬべければ、おぼし嘆かむが悲しきことを、
やむをえずお暇しなければなりませんので、嘆き悲しまれるだろうことが悲しくて、

この春より思ひ嘆きはべるなり。」と言ひて、いみじく泣くを、
この春から嘆いているのです。」と言って、ひどく泣くので、

翁、「こは、なでふことのたまふぞ。
翁は、「これは、何ということをおっしゃるのか。

竹の中より見つけきこえたりしかど、菜種の大きさおはせしを、
竹の中から見つけ申し上げたが、菜種の大きさでいらっしゃったのを、

わが丈立ち並ぶまで養ひたてまつりたるわが子を、何人か迎へきこえむ。
私の背丈に並ぶまで養い申し上げたわが子を、誰が迎へ申し上げようか。

まさに許さむや。」と言ひて、「我こそ死なめ。」とて、
どうして許しましょうか。」と言って、「私のほうこそ死んでしまいたい。」と、

泣きののしること、いと堪へがたげなり。
泣き騒ぐのは、とても堪えがたい様子である。

かぐや姫のいはく、「月の都の人にて、父母あり。
かぐや姫が言うには、「私は月の都の人であって、父母がいます。

片時の間とて、かの国よりまうで来しかども、
ほんの少しの間ということで、あの国からやって参りましたが、

かくこの国にはあまたの年を経ぬるになむありける。
このようにこの国で多くの年を過ごしてしまったのです。

かの国の父母のこともおぼえず、ここには、
あの国の父母のことも思い出さず、ここには、

かく久しく遊びきこえて、ならひたてまつれり。
このように長い間楽しく過ごさせていただいて、慣れ親しみ申し上げています。

いみじからむ心地もせず。悲しくのみある。
うれしい気持ちもせず、悲しいだけです。

されど、おのが心ならず、まかりなむとする。」と言ひて、
しかし、自分の意志からではなく、お暇しようとしています。」と言って、

もろともにいみじう泣く。
いっしょに激しく泣く。

使はるる人々も、年ごろならひて、立ち別れなむことを、
召し使われている人々も、長い間慣れ親しんで、きっと別れるであろうことを、

心ばへなどあてやかにうつくしかりつることを見ならひて、
気立てなど優雅で愛らしかったことを見慣れていて、

恋しからむことの堪へがたく、
恋しいだろうことが堪えがたく、

湯水飮まれず、同じ心に嘆かしがりけり。
湯水を飲むこともできず、同じ気持ちで悲しいと思った。


   






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved