ねずみの婿とり


・ HOME(古文記事一覧)




ねずみの、娘をまうけて、
ねずみの、娘をうけて、
ねずみが、娘を得て、

「天下に並びなき婿をとらむ。」と、
「天下に並びなき婿をとら。」と、
婿(むこ)
「天下に並ぶものがない婿をとろう。」と、

おほけなく思ひ企てて、
けなく思企てて、
企(くはた ⇒ くた)て
あつかましく思いもくろんで、

「日天子こそ世を照らしたまふ徳めでたけれ。」
「日天子こそ世を照らしたま徳めでたけれ。」
日天子(にってんし)
「太陽こそ世の中を照らしなさる能力がすばらしい。」

と思ひて、朝日の出でたまふに、
と思て、朝日の出でたまに、
出(い)で
と思って、朝日がお出になるのに、

「娘を持ちて候ふ。
「娘を持ちて候
候(さうら ⇒ )う
「娘を持っております。

みめかたちなだらかに候ふ。
みめかたちなだらかに候
姿や顔かたちはほどよくございます。

まゐらせむ。」と申すに、
らせ。」と申すに、
申(まう ⇒ う)す
さしあげましょう。」と申し上げると、

「われは世間を照らす徳あれども、
「私には世の中を照らす能力はあるけれども、

雲に会ひぬれば光もなくなるなり。
雲に会ぬれば光もなくなるなり。
雲に会ってしまうと光もなくなるのだ。

雲を婿にとれ。」とおほせられければ、
雲を婿にとれ。」とおせられければ、
雲を婿にとりなさい。」とおっしゃったので、

「まことに。」と思ひて、
「まことに。」と思て、
「ほんとうに。」と思って、

黒き雲の見ゆるに会ひて、
黒き雲の見ゆるに会て、
黒い雲が見えるのに会って、

このよし申すに、
この事情を申し上げると、

「われは日の光をも隠す徳あれども、
「私には日の光をも隠す能力はあるけれども、

風に吹き立てられぬれば、何にてもなし。
何(なに)
風に吹き立てられてしまうと、どうにもならない。

風を婿にせよ。」と言ふ。
風を婿にせよ。」と言
風を婿にしなさい。」と言う。

「さも。」と思ひて、
「さも。」と思て、
「そのとおりだ。」と思って、

山風の吹けるに向かひて、
山風の吹けるに向かて、
山風(やまかぜ)
山風が吹いているのに向かって、

このよし申すに、
この事情を申し上げると、

「われは雲をも吹き、
「私には雲をも吹き、

木草をも吹きなびかす徳あれども、
木や草をも吹きなびかせる能力はあるけれども、

築地に会ひぬれば力なきなり。
築地に会ぬれば力なきなり。
築地(ついぢ ⇒ つい
土塀に会ってしまうとどうしようもないのだ。

築地を婿にせよ。」と言ふ。
築地を婿にせよ。」と言
土塀を婿にしなさい。」と言う。

「げに。」と思ひて、
「げに。」と思て、
「なるほど。」と思って、

築地にこのよしを言ふに、
築地にこのよしを言に、
土塀にこの事情を言うと、

「われは風にて動かぬ徳あれども、
「私には風で動かない能力はあるけれども、

ねずみに掘らるるとき、
ねずみに掘られるときは、

耐へがたきなり。」と言ひければ、
がたきなり。」と言ければ、
耐(た)え
こらえがたいのだ。」と言ったので、

さては、ねずみは何にもすぐれたるとて、
そうであるならば、ねずみは何に対しても優れているとして、

ねずみを婿にとりけり。
ねずみを婿にとった。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved