いみじき成敗


・ 沙石集「いみじき成敗」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)>正直の徳



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

いみじき成敗・沙石集 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

唐土にいやしき夫婦あり。餅を売りて世を渡りけり。
中国に身分の低い夫婦がいた。餅を売って暮らしを立てていた。
・ いやしき … シク活用の形容詞「いやし」の連体形
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の終止形
・ 売り … ラ行四段活用の動詞「売る」の連用形
・ 渡り … ラ行四段活用の動詞「渡る」の連用形
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

夫の、道のほとりにして餅を売りけるに、
夫が、道ばたで餅を売っていたときに、
・ 売り … ラ行四段活用の動詞「売る」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形

人の袋を落としたりけるを見ければ、銀の軟挺六つありけり。
人が袋を落としていたのを見たところ、上質の銀が六つあった。
・ 落とし … サ行四段活用の動詞「落とす」の連用形
・ たり … 完了の助動詞「たり」の連用形
・ ける … 過去の助動詞「けり」の連体形
・ 見 … マ行上一段活用の動詞「見る」の連用形
・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」の連用形
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

家に持ちて帰りぬ。
家に持って帰った。
・ 持ち … タ行四段活用の動詞「持つ」の連用形
・ 帰り … ラ行四段活用の動詞「帰る」の連用形
・ ぬ … 完了の助動詞「ぬ」の終止形


   


          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved