正直の徳


HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる



近き頃、帰朝の僧の説とて、ある人語りしは、
最近、中国から日本に帰国した僧の話として、ある人が語ったのは、

唐土にいやしき夫婦あり。餅を売りて世を渡りけり。
中国に身分の低い夫婦がいた。餅を売って暮らしを立てていた。

夫の、道のほとりにして餅を売りけるに、
夫が、道ばたで餅を売っていたときに、

人の袋を落としたりけるを見ければ、銀の軟挺六つありけり。
人が袋を落としていたのを見たところ、上質の銀の貨幣が六つあった。

家に持ちて帰りぬ。
家に持って帰った。

妻、心素直に欲なき者にて、
妻は、心が素直で欲のない者で、

「我らは商うて過ぐれば、事も欠けず。
「私たちは商売をして生活しているので、不自由もない。

この主、いかばかり嘆き求むらむ。いとほしきことなり。
この持ち主は、どれほど嘆いて探し求めているだろう。気の毒なことだ。

主を尋ねて返し給へ。」と言ひければ、
持ち主を探してお返しください。」と言ったので、

「まことに。」とて、あまねく触れけるに、
「本当に。」と思って、広く人々に言い知らせたところ、

主といふ者出で来て、これを得て、あまりにうれしくて、
持ち主という者が出てきて、これを受け取って、あまりにもうれしくて、

「三つをば奉らむ。」と言ひて、すでに分かつべかりけるとき、
「三つを差し上げよう。」と言って、もう少しで分けようとしたとき、

思ひ返して、煩ひを出ださむがために、
思い直して、難癖をつけようとするために、

「七つこそありしに、六つあるこそ不思議なれ。
「七つあったが、六つあるのは疑わしい。

一つは隠されたるにや。」と言ふ。
一つはお隠しになっているのか。」と言う。

「さることなし。もとより六つこそありしか。」と論ずるほどに、
「そのようなことはない。もともと六つあったのだ。」と論争するうちに、

果ては、国の守のもとにして、これをことわらしむ。
しまいには、その地域を治める長官のもとで、これを判断してもらう。

国の守、眼賢しくして、「この主は不実の者なり。
長官は、眼力がすぐれていて、「この持ち主は不誠実な者だ。

この男は正直の者。」と見ながら、
この男は正直な者。」と判断したが、

なほ不審なりければ、かの妻を召して、
やはり疑念があったので、その妻をお呼び寄せになって、

別の所にて事の子細を尋ぬるに、夫が状に少しも違はず。
別の場所で詳しい事情を尋ねると、夫の言っている内容と少しも違わない。

「この妻は極めたる正直の者。」と見て、かの主、
「この妻はこの上ない正直な者。」と見なして、あの持ち主が、

不実のこと確かなりければ、国の守の判にいはく、
不誠実であることは間違いなかったので、長官の判決が言うには、

「このこと、確かの証拠なければ判じがたし。
「このことは、確実な証拠がないので、判断するのがむずかしい。

ただし、共に正直の者と見えたり。
ただし、どちらも正直な者と思われる。

夫妻また言葉変はらず、主の言葉も正直に聞こゆれば、
夫妻はまた主張に食い違いがない、持ち主の主張も正直に思われるので、

七つあらむ軟挺を尋ねて取るべし。
七つあるという貨幣を探して手に入れるのがよい。

これは六つあれば、別の人のにこそ。」とて、
これは六つあるので、別の人のものだろう。」と言って、

六つながら夫妻に賜りけり。
六つすべてを夫妻にお与えになった。

宋朝の人、いみじき成敗とぞ、あまねく褒めののしりける。
宋朝の人は、すばらしい裁定だと、すべての人が盛んにほめた。

心直ければ、おのづから天の与へて、宝を得たり。
心がまっすぐなので、ひとりでに天が与えて、財宝を得た。

心曲がれば、冥のとがめにて、宝を失ふ。
心が曲がっているので、神や仏のとがめによって、財宝を失う。

このことわりは少しも違ふべからず。
この道理は少しも異なることがない。

かへすがへすも心清く素直なるべきものなり。
くれぐれも心は清らかで素直であるべきものなのだ。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved