平中が事


・ 古本説話集「平中が事」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句はカラーで表示しています。150個ほど有るといわれている最重要語句には印を付けています。

HOME(古文記事一覧)>古本説話集




・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

平中が事・古本説話集 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

今は昔、平中といふ色好み、
平中(へいちゅう)
今では昔のことだが、平中という恋愛の愛好者が、
・ いふ … ハ行四段活用の動詞「いふ」の連体形

さしも心に入らぬ女のもとにても、
それほど気に入らない女のところでも、
・ 入ら … ラ行四段活用の動詞「入る」の未然形
・ ぬ … 打消の助動詞「ず」の連体形

泣かれぬ音をそら泣きをし、涙に濡らさむ料に、
音(ね)、濡(ぬ)らさ、料(りょう)
泣けてこないのに泣くふりをして、涙で濡らすために、
・ 泣か … カ行四段活用の動詞「泣く」の未然形
・ れ … 自発の助動詞「る」の未然形
・ ぬ … 打消の助動詞「ず」の連体形
・ し … サ行変格活用の動詞「す」の連用形
・ 濡らさ … サ行四段活用の動詞「濡らす」の未然形
・ む … 婉曲の助動詞「む」の連体形
○ 料 … 目的

硯瓶に水を入れて、緒をつけて肘に掛けしありきつ。
硯瓶(すずりがめ)、緒(お)、肘(ひじ)
硯瓶に水を入れて、細いひもをつけて肘に掛けて歩き回っていた。
・ 入れ … ラ行下二段活用の動詞「入る」の連用形
・ つけ … カ行下二段活用の動詞「つく」の連用形
・ 掛け … カ行下二段活用の動詞「掛く」の連用形
・ しありき … カ行四段活用の動詞「しありく」の連用形
○ しありく … 歩き回る
・ つ … 完了の助動詞「つ」の終止形






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved