さらぬ別れ


HOME(古文記事一覧)>品詞分解ひと目でわかる






昔、男ありけり。
昔、男がいた。

身はいやしながら、母なむ宮なりける。
身分は低いが、母は天皇の子だった。

その母、長岡といふ所に住み給ひけり。
その母親は、長岡という所に住んでおられた。

子は京に宮仕へしければ、
子は京で宮仕えをしていたので、

まうづとしけれど、しばしばえまうでず。
参上しようとしたけれども、たびたびは参上することができなかった。

ひとつ子にさへありければ、いとかなしうし給ひけり。
一人っ子でさえあったので、たいそうかわいがっておられた。

さるに、十二月ばかりに、とみのこととて、御文あり。
ところが、十二月ごろに、急な用事といって、お手紙があった。

驚きて見れば、歌あり。
驚いて見ると、歌がある。

  老いぬればさらぬ別れのありといへば
  年をとってしまうと、どうしても避けられない別れがあるというので、

  いよいよ見まくほしき君かな
  ますます会いたいと思うあなたであることよ。

かの子、いたううち泣きて詠める。
その子は、ひどく泣いて詠んだ。

  世の中にさらぬ別れのなくもがな
  この世の中に避けられない別れというものがなければいいなあ。

  千代もと祈る人の子のため
  千年も生きていてほしいと祈る人の子のために。






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved