小野の雪


・ 伊勢物語「小野の雪」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

・ 500個ほど有るといわれている重要語句はカラーで表示しています。150個ほど有るといわれている最重要語句には印を付けています。

HOME(古文記事一覧)>伊勢物語



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

小野の雪・伊勢物語 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

昔、水無瀬に通ひ給ひし惟喬の親王、
水無瀬(みなせ)、給(たま)ひ、惟喬(これたか)、親王(みこ)
昔、水無瀬にお通いになった惟喬の親王が、
・ 通ひ … ハ行四段活用の動詞「通ふ」の連用形
・ 給ひ … ハ行四段活用の尊敬の補助動詞「給ふ」の連用形
・ し … 過去の助動詞「き」の連体形

例の狩りしにおはします供に、
いつものように狩りをしにおいでになる供として、
・ し … サ行変格活用の動詞「す」の連用形
・ おはします … サ行四段活用の動詞「おはします」の連体形
○ おはします … 「行く」の尊敬語

右馬頭なる翁つかうまつれり。
右馬頭(うまのかみ)、翁(おきな)
右馬寮の長官である翁がお仕え申し上げた。
・ なる … 断定の助動詞「なり」の連体形
・ つかうまつれ … ラ行四段活用の動詞「つかうまつる」の命令形
☆ つかうまつる … お仕え申し上げる
・ り … 完了の助動詞「り」の終止形

日ごろ経て、宮に帰り給うけり。
何日かたって、御殿にお帰りになった。
・ 経 … ハ行下二段活用の動詞「経(ふ)」の連用形
・ 帰り … ラ行四段活用の動詞「帰る」の連用形
・ 給う … ハ行四段活用の尊敬の補助動詞「給ふ」の連用形(音便)
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形

御送りして、とくいなむと思ふに、
お送りして、早く帰ろうと思っているのに、
・ し … サ行変格活用の動詞「す」の連用形
・ いな … ナ行変格活用の動詞「いぬ」の未然形
・ む … 意志の助動詞「む」の終止形
・ 思ふ … ハ行四段活用の動詞「思ふ」の連体形


          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved