江南の橘江北の枳と為る


・ 説苑「江南橘為江北枳」の現代語訳と書き下し文です。現代語訳と書き下し文を並べて記載しています。

・ 書き下し文の全ての漢字にひらがなで読み仮名がついています。

HOME(漢文記事一覧)




・ 下の画像クリックで次のページに進む。

      [ 現代語訳・書き下し文・読み ]

江南橘為江北枳・説苑 現代語訳・書き下し文


       [ 詳しい解説 ]

晏子将使荊。
晏子将に荊に使ひせんとす。
晏子が今から荊の国に使者として行こうとしていた。
・ 将〜 … 今から〜しようとする
・ 読み「まさニ〜す」(再読文字)

荊王聞之、謂左右曰、
荊王之を聞きて、左右に謂ひて曰はく、
荊王がそれを聞いて、側近の者たちに対して言うには、
・ 左右 … 側近の者たち

「晏子賢人也。今方来。
「晏子は賢人なり。今方に来たらんとす。
「晏子は賢明な人物である。今ちょうど来ようとしている。
・ 賢人 … 知恵・行いの優れている人物
・  … ちょうど
・ 方に(読み:まさに)

欲辱之。何以也。」
之を辱めんと欲す。何を以てせんや。」と。
これを辱めたいと思う。どうすればよいか。」と。
・ 何以〜也 … どんな手段で〜か
・ 読み「なにヲもつテ〜や」(疑問)

左右対曰、
左右対へて曰はく、
側近の者たちが答えて言うには、




          [ 次のページに進む ]

「為其来也、臣請縛一人、
「為し其れ来たらば、臣請ふ一人を縛し、
「もしそれがやって来たら、私にどうか人をひとり捕縛して、

過王而行。」
王を過ぎて行かん。」と。
王の前を通り過ぎさせてください。」と。

於是荊王与晏子立語。
是に於いて荊王晏子と立ちて語る。
そういうわけで、荊王は晏子と立って話をしていた。

有縛一人、過王而行。
一人を縛し、王を過ぎて行くもの有り。
人をひとり捕縛して、王の前を通り過ぎて行く者がいた。

王曰、「何為者也。」
王曰はく、「何為る者ぞや。」と。
王が言うには、「何者か。」と。

対曰、「斉人也。」
対へて曰はく、「斉人なり。」と。
答えて言うには、「斉の国の者です。」と。

王曰、「何坐。」
王曰はく、「何にか坐せる。」と。
王が言うには、「何の罪に問われているのか。」と。

曰、「坐盗。」
曰はく、「盗に坐せり。」と。
言うには、「盗みの罪に問われています。」と。

王曰、「斉人固盗乎。」
王曰はく、「斉人固より盗するか。」と。
王が言うには、「斉の国の人はもともと窃盗をするのか。」と。

晏子反顧之曰、「江南有橘、
晏子之を反顧して曰はく、「江南に橘有り、
晏子が斉の人を振り返って見て言うには、「江南に橘があり、

斉王使人取之、
斉王人をして之を取らしめて、
斉の国王が人にこれを取らせて、

而樹之於江北、
之を江北に樹うるに、
それを江北に植えたところ、

生不為橘、乃為枳。
生じて橘と為らずして、乃ち枳と為る。
成長して、橘にはならないで、意外にも枳になりました。

所以然者何。
然る所以は何ぞ。
そうなった理由は何でしょうか。

其土地使之然也。
其の土地之をして然らしむるなり。
その土地がこれをそのようにさせたのです。

今斉人居斉不盗、
今斉人居斉に居りては盗せず、
今、斉の国の人が斉にいれば盗みをしませんが、

来之荊而盗。
之を荊に来たせば盗す。
荊にやって来させたら盗みをします。

・ 来 … 文脈上「来たす」と使役に読む
得無土地使之然乎。」
土地の之をして然らしむる無きを得んや。」と。
土地が斉の国の人に盗みをさせなかったわけではない。」と。

荊王曰、
荊王曰はく、
荊王が言うには、

「吾欲傷子而反自中也。」
「吾子を傷はんと欲して反つて自ら中つるなり。」と。
「私はあなたを傷つけようとして、反対に自分自身がそうなってしまった。」と。









Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved