沖つ白波


・ 大和物語「沖つ白波」の現代語訳と品詞分解です。現代語訳と品詞分解を並べて記載しています。

HOME(古文記事一覧)>大和物語



・ 下の画像クリックで次のページに進む。

       [ 現代語訳・品詞分解・原文 ]

沖つ白波・大和物語 現代語訳・品詞分解・原文


       [ 詳しい解説 ]

昔、大和の国葛城の郡に住む男・女ありけり。
昔、大和の国葛城の郡に住む男と女がいた。
・ 住む … マ行四段活用の動詞「住む」連体形
・ あり … ラ行変格活用の動詞「あり」連用形
・ けり … 過去の助動詞「けり」終止形

この女、顔かたちいときよらなり。
この女は、顔立ちがたいそう気品があって美しい。
・ きよらなり … ナリ活用の形容動詞「きよらなり」の終止形

年ごろ思ひかはして住むに、この女、いとわろくなりにければ、
長年、愛し合って住んでいるうちに、この女が、とても貧しくなってしまったので、
・ 思ひかはし … サ行四段活用の動詞「思ひかはす」の連用形
・ 住む … マ行四段活用の動詞「住む」の連体形
・ わろく … ク活用の形容詞「わろし」の連用形
・ なり … ラ行四段活用の動詞「なる」の連用形
・ に … 完了の助動詞「ぬ」の連用形
・ けれ … 過去の助動詞「けり」の已然形

思ひわづらひて、限りなく思ひながら、妻をまうけてけり。
思い悩んで、限りなく恋しく思いながらも、ほかに妻を作ってしまった。
・ 思ひわづらひ … ハ行四段活用の動詞「思ひわづらふ」の連用形
・ 限りなく … ク活用の形容詞「限りなし」の連用形
・ 思ひ … ハ行四段活用の動詞「思ふ」の連用形
・ まうけ … カ行下二段活用の動詞「まうく」の連用形
・ て … 完了の助動詞「つ」の連用形
・ けり … 過去の助動詞「けり」の終止形


          [ 次のページに進む ]






Copyright プロ家庭教師タカシ All Rights Reserved